マイウエディング - 少人数・大人婚・30代40代の結婚式場検索 マイウエディング 新規会員登録
 入会1,000ポイント
 全員プレゼント!
マイウエディング ログイン
 パスワード回復
Top > 花嫁準備マニュアル > 2ヶ月前 引出物、引菓子を決める

引出物、引菓子を決める

最近では、引出物は当日持ち帰ることを考えて、軽くて小さいものを選ぶ傾向にあり、
品物はカタログギフト派と食器派が半々のようです。
また、引出物の数は結婚する2人の仲が割れないようにと縁起をかつぎ、割り切れない
3品、5品、7品が良いとされています。


引出物の料金
引出物の料金 2ヶ月前には引出物と引菓子をどのショップにオーダーするか決め、出欠が確定する1ヶ月前に個数を伝えて発注しましょう。
相場としては3,000~5,000円ぐらいで、披露宴の飲食代の30~50%程度が主流です。
最近では、3,000~3,500円の引出物+引き菓子+1品の3点、もしくは3,500~4,000円の引出物+引き菓子の2点にする人が多いようです。
また、結婚式場を通さずに外部から購入した引出物の場合は、持ち込み料や保管料が掛かるところがありますので会場に事前に確認しておきましょう。(1品あたり300~500円ほど)
生菓子は持ち込むことができない会場がほどんどです。

カタログギフト
当日はカタログだけを持ち帰り、その中からゲストが自分の欲しい物を選んで申し込むと、後日品物が送られてくるというシステムです。
持ち帰りが楽なことや、自分の好きなものが選べることから、人気が高まっています。
ただ、しきたりを重んじる人にはカタログ式は喜ばれないこともあるのでご両親と相談しましょう。

食器
親戚など年配の方には「和食器」が人気が高いようです。
同世代ですとブランドの食器やおしゃれなものが喜ばれます。自分がもらってうれしいものを選ぶとよいでしょう。
食器やグラスなどの場合、2で割ることができないように奇数でそろえることもありました。最近では余り気にせずにペアでそろえることも多いようです。

引出物に向かないもの
以下のようなものは、あまり引出物には用いません。
●猿の絵柄があるものは「去る」を連想
●重箱は「二重の結婚」を連想
●ナイフやハサミなどは「切る」を連想




◆花嫁準備マニュアル INDEX
婚約前 両家の親に結婚の報告と挨拶を行う
6ヶ月前
【結納又は食事会】
(1) 結納又は食事会の有無を決める
(2) 仲人を依頼する
(3) 結納金、結納品を準備する
(4) 結納を開く

【婚約指輪】
婚約指輪を購入する
【予算、日取り、人数を決める】
(1) 結婚式のスタイルを決める
(2) 結婚式の総予算を決める
(3) 結婚式の日取りを決める
(4) 招待客の人数を決める
(5) 会場の下見、ブライダルフェア
(6) 会場の仮予約・正式予約をする
3ヶ月前
【衣裳、招待客、余興を決める】
(1) 衣裳を下見して予約する
(2) 招待客のリストを作成する
(3) 祝辞、余興などを依頼する

【二次会の準備をする】
二次会のプランを立てる
【新婚旅行の手配をする】
新婚旅行の行き先を決める

【招待状の準備をする】
招待者の住所録を作成、デザインを決める

★マリッジブルー
2ヶ月前
【結婚指輪を購入する】
結婚指輪を購入する
【招待状の発送、引出物、演出を決める】
(1) 招待状を発送する
(2) 引出物、引菓子を決める
(3) 式場と細かい打ち合わせをする
(4) 席札、メニュー表をなどを準備する
1ヶ月 (1) 招待状の返事がそろったら、席次を決める
(3) 遠方からの招待客に対して、交通手段や宿泊先の手配
(4) 当日のヘアメイクを決める
(5) ブーケ、ブートニアを発注する
2~1週間前 (4) 謝辞原稿を準備する
当日 結婚式当日の流れ
結婚式後 (1) 内祝いを贈る(結婚式後1ヶ月以内)
(2) 婚姻届、各種届けが済んだか確認する
(3) 親族や知人へ新婚旅行の手土産、謝礼を持ってお礼をする


和装 前撮り (東京/関西)
10万円までで叶える結婚式
チャペルで撮るフォトウエディング
ロケーション フォトウエディング 和装あり (東京/関西)